健康、あるいは裏返しの豊かさ

健康、それはとりもなおさず、お金、資本、体の健康、精神の健康、楽しい仕事、ニュースにわくわくする・・
豊かな生活、豊かな時間・・・そんなときをともに過ごせる仲間に向けて・・・

 

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

アマゾンで探す





最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

ロンギヌスの槍

 ゴルゴダの丘で

キリストは磔刑に処せられたとき

その死を確認するための一刺し

その槍を持っていたローマ軍の兵士の名前はロンギヌスでしたね

目が不自由であったロンギヌスは

キリストの血を浴び

目が治って、改宗したと伝えられますね


彼も自分の名前が後世に長く伝えられるとは思っていなかったでしょう・・・

それもキリストを処刑した者として・・・


エヴァンゲリオンでは




そして映画では


とま〜人気の槍です・・・・




死刑執行

 死刑が執行・・・前上博

事件は(産経新聞)


17年2月から6月
インターネットの自殺サイトを通じて知り合った
大阪や兵庫に住む14〜25歳の自殺志願者の男女3人に
一緒に練炭自殺をするかのようなメールを送るなどして誘い出し
乗用車内で口をふさいで殺害・・・・・・


前上博の性癖

1 「人が窒息して苦しむ姿に無上の興奮を得る」

前上博死刑囚は
小5から高校卒業まで、手のひらやエタノールを染み込ませたハンカチで、子供の口を押さえる犯行を約50件繰り返した


2  「白い靴下」に対する執着心

中1の時に、教育実習生の女子大生がはいていた白いスクールソックスをみて強い性的興奮を覚えるようになった・・・・

白・・・・前上博の父親は警察の白バイ隊員


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小学4年生のとき、父親に対する感情が変化するきっかけとなる出来事

父親が前上死刑囚の腹の上に馬乗りになり、首を絞め上げた

その直後に父親が飲酒運転で事故を起こしていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・父は正義の味方ではなく犯罪者だった

長谷川教授・東海学院大教授(臨床心理学)は

「尊敬していた父親から虐待に近い暴力を受け、人を窒息させることで、自分を父親に同一化させるようになったのだろう」と分析

・・・・・・・・・・わからん世界です



黒人従業員をライオンのエサに

ことほどさように、観念あるいは理念なり、支配的な思想の深さを感じるというより、白人優位の思想は南アだけではないわけで、その典型がこの裁判だといってしまえば簡単だろうが・・・シーシェパードの思想の裏に、ひいては環境保護論の中に紛れ込んでる、白人優位的観念の滑り込みについても、考えなければならないだろう。
この形而上学こそ、世界の骨格を作ってきた屋台骨で、ロシアの、アメリカの、中国の形而上学であり、日本のひ弱な上層部も同じかなあ〜

にしても、許されざる犯罪であるのにかわりなく、世界は南アを非難することによって、偽装するか、正体を見せるか・・・今後の世界の反応いかん?

殺人 72歳男性死亡

家族が身内を殺す犯罪がおおいですね
家族って何?

学術的な議論は、きっと理想的モデルからの乖離を提示して
ここが問題だっていうんでしょうけど

家族なんて昔から問題の巣窟ですよね、でも同時に幸せの象徴的仕組みでもありましたね

ただなんか安易に殺人に走る傾向があるような
家族だからっていう規範が外れたような
家族が他人の始まりになっていて・・・
他人が幸せの入り口になっているような

だから他人に過大に期待して、裏切られて・・・これまた殺人

自分の内側の不満をどう解決するか・・・そんな方法論
学校の先生も教えない
学校ってほとんど意味ない存在・・・?
憎しみの処理・・・昇華

殺人 72歳男性死亡…同居の長男不明 東京・練馬
8月17日0時9分配信 毎日新聞




拡大写真

男性が殺されていた「ニュー建築設計事務所」と書かれた看板のある住宅=東京都練馬区西大泉で2008年8月16日午後10時43分、梅田麻衣子撮影

 16日午後5時15分ごろ、東京都練馬区西大泉5、建築事務所経営、杉村亨さん(72)方で、杉村さんが血まみれの状態で死亡しているのを帰宅した家族が発見し110番した。首にはさみが刺さっており、警視庁捜査1課と石神井署は殺人事件と断定。同居している杉村さんの40代の長男と連絡が取れなくなっており、事情を知っているとみて行方を捜している。

 調べでは、杉村さんは長男と長女夫婦、長女夫婦の息子の5人暮らし。長女夫婦と孫の3人は数日前から親類宅を訪ねていた。この日、先に帰宅した孫が遺体を発見した。玄関は施錠され、杉村さんは2階和室でうつぶせに倒れていた。

 近所の人によると長男は都内ですし店を経営していたという。

 現場は西武池袋線保谷駅北約1キロの住宅街。【佐々

家族全員を殺した

時事通信社より

「24日午前7時5分ごろ、千葉県警に男の声で「家族全員を殺した」と110番があった。警察官が柏市の民家に駆け付けたところ、4人が死亡しているのが見つかった。4人は70代とみられる女性、50代とみられる男性、40代とみられる女性、5歳ぐらいの幼児という。」

家族を殺す

自殺をする

多いですね・・・その背景になにがあるのでしょうか?

事件を通じて

その解決策を見いだせるでしょうか・・・

経済でしょうか

人間関係でしょうか?

これからつまびらかになるでしょうが

あるいは狂気・・・病気・・・麻薬・・・


現代は誰の心の中にも

こうした契機があるようです


人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった・・・

人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった・・

秋葉原の通り魔事件の犠牲者で亡くなられた方・・・増えましたね

とんでもないことです


こうした無差別の殺人事件で

犯人は

誰でも良かった・・・と言いますよね

人生が嫌になったから・・・・と言いますよね

で精神鑑定が行われて・・・責任能力が無かった・・・なんて判断が出ると

死んだ犠牲者の方の命は何だったんだ・・・って思いますよね

人生が嫌にならん人は・・・少なくとも人生の中で1回以上思うよね・・・?

そう・・人生が嫌にならん人間はおらんです(勝手な憶測)

人を殺すことで(あるいは大きな事件を起こすことで)社会とのつながりを

確認してるんでしょうか?

こんな人間・・ますますまわりの人間は遠ざかりますよね・・・

さらに疎遠に・・・

自分は疎外されている・・・そんな思いこみが社会に牙をむくんでしょうね



社会は一人一人がコミットすることで成り立っているんでしょう?

まず存在は言葉で表現しましょう

言葉が紡ぎ出され、テクストが編まれる・・・

もともと社会はネットなんですね・・・

だからインターネットの中でも疎外感を感じてしまうと

現実の犯罪が起きる・・・

インターネットの中で孤立する人間・・・いろんなタイプありますよね

インターネットでは現実以上に

他者を疎外・・・そんな意識は無くとも・・・

SNSに属する/属さない・・・それが格差を感じさせ

やがては疎外感/焦燥感を生み

犯罪へと至る・・・

なんせ個人の頭の中の幻想に基づいて、社会は成り立っているんだから・・

どんなことも起きる可能性が・・

そこに共通基盤をつくってやんなきゃ・・・

それが文部科学省の言ってる道徳教育やら、どこぞの都知事のスパルタ教育とやらで無いことは確かで・・・

犠牲になった方・・・それが自分の家族だと想像してみてください・・

もうあの優しさもぬくもりも楽しみも一緒に旅行も・・・すべて奪われるんですから



                ご冥福を心より・・




車がぬかるみにはまったら・・・気をつけましょう!

車がぬかるみにはまった夫婦・・・ジェスチャーで答えなくていいです!


容疑者は

午前2時50分ごろ

自宅近くの市道上で

夫と口論になりました・・・深夜です・・・

そこで

持っていた文化包丁(刃渡り18センチ)で夫の胸や腹などを刺しました

持っていたんです!


容疑者と夫が乗っていた車がぬかるみにはまり

別の車で引き上げようとしていた際に口論になったらしいですが

口論の内容は知るよしもありませんが・・・

それにしても

文化包丁を持っていた・・・

何らかのきっかけが必要だったんでしょうか?



どうします?あなた?

車を変な道につっこんで動きがとれなくなったら・・・

さらにあなたのパートナーが車の中に・・・何かを取りに行ったら・・・



僕だったら・・・ちょっとだけ離れさせて貰います・・100メートルぐらいは・・・

いやいや200メートルぐらいは・・・ね

分かるでしょう?


簡単に殺人が起こる時代といってよいのでしょうか?

死体もあちこちに転がってるし・・・

狩猟時代に戻りつつあるんでしょうか?












楽天市場

解析中

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク