毎日少量の果物でも体に悪い






スムージーだって流行ってましたが


果物が体に悪い・・・


果物からビタミンCを摂取しなければ・・・なんて

よく聞かされてきました。


ところが


この果物が体に良くないといいます。


例えば


野菜と果物をトラバければなんて


よく聞くセリフですですよね!




私もあまり考えたことがなかったけれど


果物は糖分と繊維そしてビタミンCとかですね。


野菜はずっとビタミン、ミネラル、繊維など・・・




果物は年々甘くなっています。


霊の糖度という表現ですね。




これって果糖です。






これはお菓子のキャンディーに近いのだそうです。



この果糖はブドウ糖や中性脂肪になり


中性脂肪は体に蓄えられるわけです。



果糖は食欲を満足させないので


さらに色んな物を摂ってします。




ドライフルーツを始め果物系のものは皆果糖なわけで


果物ジュースなんてどうしよう・・・・・





この果糖腸内で悪玉菌を増やし、


細菌の過剰な繁殖を引き起こす。





動脈損傷の原因になるそうです。


さらに怖い仕組みがある。



果糖は


コラーゲント結びつく。


これがAGEを生成する。






AGEは終末糖化産物のこと。


AGEは肌のシワの要因でありかつ


動脈を硬化させる。




果物の体に対する影響に迷信的なものが会ったのでしょうか?


ビタミンは大切です。


ですが


果糖までも同時に摂取することは


果たしてリスクになるのでしょうか?




シリコンバレー式 自分を変える最強の食事