崎陽軒のシュウマイ弁当横浜といえば崎陽軒。

崎陽軒といえばシウマイ弁当。

一日1万9000食売れる驚異のお弁当。

東京圏内では配達も行われているようです。

 

 

崎陽軒は新たな業態を始めました。

東京駅出店(東京駅八重洲口地下の一番街に)が第一号になるシウマイBAR(バル)がその店。

 


BAR(バル)というようにお酒も飲めるのがポイント。

従来からシウマイ弁当(シウマイ)はお酒のおつまみに最適でした。

 

 

このシウマイBARの特徴は

何より昔ながらのシウマイはもとより

季節限定のシウマイも食べられるといううれしいサービス。

 

 

全種類のシウマイが食べられるだけでなく

出来立てのシウマイ、あたたかなシウマイが多tべられるのも特徴。

 

シウマイ弁当は冷めた状態が普通ですが、あたたかな崎陽軒のシウマイもいいですね。

 

 

 

 

 

そういえばシュウマイではなくシウマイですね。

崎陽軒は!

 

 

崎陽軒の初代社長である野並茂吉さんは栃木訛り。

シュウマイでなくシウマイなんですが、それが中国語の発音に近いといわれたようです。