健康、あるいは裏返しの豊かさ

健康、それはとりもなおさず、お金、資本、体の健康、精神の健康、楽しい仕事、ニュースにわくわくする・・
豊かな生活、豊かな時間・・・そんなときをともに過ごせる仲間に向けて・・・

 

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

アマゾンで探す





最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

役人という、矛盾した論理を平気で使い分ける頭のいい人たち


このような切迫した状態はすでに明らかでしたね。

ではなぜ今もって、お役所は無駄を継続してるのか?

子供に説明できますか?

税金を上げる・・・経団連も賛成・・・不思議ですね
誰も国民の方を見てない

この国は誰が主役なんでしょうか?

そうです役人天国ですね・・・

国を食い物にする官僚と政治屋のくにですね。






12月20日12時13分配信 産経新聞


 平成21年度予算の財務省原案によると、21年度末の国債残高は約581兆円に達する見通しだ。国民1人当たりを計算すると約455万円、4人家族で約1820万円の借金を抱えることになる。一般会計税収の約13年分に相当し、国・地方を合わせると債務残高はさらに大きくなる。政府・与党は23年度に消費税増税を伴う税制改革に着手する「中期プログラム」の策定に向け最終調整しているが、財政健全化の道のりは依然として険しい。

 21年度予算は、景気後退を色濃く反映した内容となった。法人税をはじめ税収が大きく落ち込んだ一方で、経済対策を実施したため、新規国債発行額は前年度当初予算と比べて31・3%増の33兆2940億円と大幅に増えた。一般会計の歳入に占める国債依存度は前年度の30・5%から37・6%に跳ね上がり、歳入の4割近くを借金である国債に頼る不健全な構造だ。

 国債残高は20年度末を18兆円上回る581兆円。地方の197兆円と合わせた国・地方の長期債務は804兆円となる。

 元本を除いた借金の利払い費も膨らんだ。21年度は前年度を1兆1000億円上回る9兆4000億円。これは1日当たり258億円、1分当たりでは1792万円も利払いが増える。一般会計の歳出に占める利払い費の割合は前年度比1・3ポイント増の10・6%。歳出の1割以上を借金の利払いに充当せざるを得ない状況となっている。

【関連記事】
2次補正予算案、来月9日に衆院通過 年度内成立へ与党方針
銀行保有株買い取り枠20兆円に拡大へ 自民党決定
「平成の大獄」なきように 塩崎元官房長官ら雇用拡大の提言
「評価上げていく」首相、自民若手との昼食会で意欲
通常国会は「1月5日召集」 2次補正のみ冒頭提出

最終更新:12月20日12時13分

 

武器類76点、コンピューター418台が散逸

本当にこんなことってあるんでしょうか?
役人の無責任さって日本ばかりじゃないんですね?
それにしても、これでは、秘密も何もあったものではないですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


職員不注意による銃器紛失が5年で76件、米火器取締局


ワシントン(CNN)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200809180030.html

 司法省管轄の米アルコール・たばこ・火器取締局(ATF)は17日、職員の不注意による銃器、コンピューターの紛失が目立っているとして対策を検討していることを明らかにした。過去5年で武器類76点、コンピューター418台が散逸しているとの同省の査察報告を受けた措置。


報告書によると、ATFは2003年、監督官庁が財務省から司法省に変わったが、紛失の比率がこれ以降、約3倍増えた。米連邦捜査局(FBI)や米麻薬取締局(DEA)の比率の約2倍だという。


紛失した武器類のうち、35点は職員の自宅、ホテル部屋や車両から盗まれたもので、公共の場所での置き忘れもある。散逸の理由が説明出来ないのもある。散失の理由の55%は職員の不注意もしくは銃器扱いに関するATF規定違反によるものだという。盗まれた銃が不法侵入などの犯罪に使われた例も2件あった。


コンピューターでは50台が盗まれたと判断された。散逸した418台の多数で機密データの内臓の有無は確認されていないが、7台には含まれていたことが判明。内臓していなかったのは13台と判明している。


結果的に、なくしたコンピューターがATFの今後の活動にどういう影響を与えるかは予測出来ないとしている。データ読み取りに暗号を仕掛けていたのはごく少数だという。


ATFの職員は約5千人、保持する銃器類は2万2千点以上、コンピューターは7500台以上になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やっぱり・・・本当でしょうか?
横流しでもしてるんじゃないでしょうか?

ちなみに、罰則はあるんでしょうか?
暗号さえもまともにかけていないなんて、公共機関とは思えませんな〜


緑藻類・・・大発生

とりもなおさず

中国が、工業国として巨大化してきた・・ということ

それに伴って

生産に、これまで組み込まれなかった、経費・・・公害対策・・が組み込まれ

中国での生産が、決して安くないこと・・・


それにしても、すごい藻ですね・・・

藻には見えない

なんか・・・海草を採ってるような・・・

人海戦術でいくか?

ただ、藻は成長が速いので、あっという間に、元の木阿弥・・・になりそうなきが

しません?

職員は先物取引で多額の借金があったという(青梅市)

約18万8000円を自宅に持ち帰ったとして07年3月に減給6カ月の1回目の処分

07年9月には、最初の事件以前に150万円を横領していたことが発覚

停職6カ月の処分を受けていた・・・2回目

生活保護費の返還金1カ月分などを横領で懲戒免職処分・・・3回目

ようやく3度目に免職・・・

公務員の犯罪に対して、なぜこのように、好待遇の処置が執られてるのか

全く理解に苦しみませんか?





どこの自治体もさほど変わらない・・そんな印象です

採用制度、および定期的なチェック(外部組織による)が公務員全員に必要でしょう

また公僕なら

個人情報保護に一定の制限を加え

開示する必要があると思いますけどね

見えない仕組み・・としての公務員なんて

何やってるか分からないですから・・・

基本的に信用できる人ばかりが

公務員でないことはあまりに明白なんですから・・・

誰が何をどう考え、どんな仕事をしているか・・・それが分からない今の仕組みは

欠陥だらけと言うより

仕組みとして成立してない・・・と言うこと

また採用時の判断、理由など開示すべきで、採用した人間の責任の明確化はひつようかなあ〜

じじいはそんな妄想を抱きます

最近、昼飯食べたかどうか・・・すぐ忘れます・・・

昨日のコトなんか覚えてないし・・・

時々、女房の顔も思い出せませんなあ〜

あまり困らんです

しか〜し・・・貯金通帳の暗証番号はけっして忘れませんぞ!


公金紛失などで職員処分 痴漢で逮捕も減給だけ

大阪市:公金紛失などで職員処分 痴漢で逮捕も減給だけ

とても非現実的なことが

ふつうに行われている

公務員の世界・・・元々彼等は

法律と制度というヴァーチャルな世界の住人・・・現実を現実として認識できんようです



毎日新聞より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活保護受給者から返還を受けた生活保護費6万8200円を

自分の机の引き出しに放置し紛失した旭区役所の男性職員(46)

JR阪和線の快速電車内で女性の下半身を触るなどして逮捕された港区の男性職員(52)

4月に起訴猶予=をいずれも減給3カ月の懲戒処分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなのまだまだありますなあ〜

大阪市民は怒るべきだ!


減給・・・・一般には会社員だったら

会社に戻れませんよね・・・

この人たちはどうなんでしょうか?

公務員と言うより

社会人として欠けている部分・・・それも重大な何かが欠けている

そんな人間が

公務員として

高給取りとして

あふれている・・・試験だけで選ぶ今の公務員採用法の欠点は

明白にもかかわらず何時までも変えようとしない・・・

税金の大きな無駄使いや!

こんな日本に愛着もてへんでえ〜

こんな連中がのうのうと生きている・・・世の中おかしい〜で








楽天市場

解析中

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク