健康、あるいは裏返しの豊かさ

健康、それはとりもなおさず、お金、資本、体の健康、精神の健康、楽しい仕事、ニュースにわくわくする・・
豊かな生活、豊かな時間・・・そんなときをともに過ごせる仲間に向けて・・・

 

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

アマゾンで探す





最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

ノートブックをどうやって運んでる?

 みなさんはノートブックをどうやって運んでるのかな〜

手荷物バッグじゃ実際長く持つのはつらい・・・電車などが混んでるときはなおさら

というわけで売れてるおしゃれなバッグは背負う形

スマホもOK

両手が開いてるからね〜





手が空いてる、使えるのは重要です

万が一の時に手が使える

万が一って駅で人に押されたり、スマホ使いながら自転車に乗ってる

迷惑を考えない人に出会ったとき・・・etc


鞄(かばん)/PCケース/PCバッグ/LEXON/レクソン/バックパック/リュックサック

グーグル幹部、デモ激化のエジプトで消息絶つ

 グーグル幹部、デモ激化のエジプトで消息絶つ (CNN)

会議のためカイロを訪問していたワエル・ゴニム氏(グーグルの幹部)が
消息を絶っているそうです・・・・あの混雑の中ですから危険ですね・・・

ゴニム氏はミニブログのツイッターでエジプトの緊迫した状況を伝え、

27日には

「エジプトのために祈る。政府は明日、国民に対する戦争犯罪を計画しているらしく、とても不安だ。

われわれはみな、死ぬ覚悟ができている」

と書き込んだまま消息がわからないようです

エルバラダイ前国際原子力機関(IAEA)事務局長は、

「交渉の余地はない。即刻退陣を」と述べ、ムバラク大統領に辞任を求めた

アサンジ容疑者、死刑の可能性

ジュリアン・アサンジ氏は

スウェーデンでの性犯罪容疑で逮捕され現在、保釈中。

スエーデン政府のこの容疑は、別件逮捕しようということですね。


女性はスパイの可能性もありますね。ハニートラップですね。




この情報テロともいわれる事件ですが・・・

国家に対する脅威ということですね。

国家システムの痛いところを突かれたということですね。

マグナカルタの時代、大憲章を迫った貴族たちは、王に対してテロだったでしょう。

名誉革命にしても、フランス革命にしても国家へのテロでしたね。

アメリカ独立戦争もそうですね。

常に相手にはテロなんですね。


国家の有り方の問題が問われているということでしょう。

古い国家観が今追われているのかも知れません。


中国の出現・・・共産主義というよりも、独裁国家の中でのひずみ。

BRICsの出現、アメリカの衰退、ユーロの出現・・・

小手先で修正できるでしょうか・・・・・・

アサンジ氏はそうした問題を突きつけた。


突きつけられた「旧領主」は戸惑い、おびえ、震えてる。

そんな感じがしますね・・・・













わくわくしたいので・・・

 口蹄疫の広がりが終結しませんね・・・

とりもなおさず、見えない相手と戦ってるようで厳しいです。

和牛の危機ですね・・・和牛は近年、輸出産業になりつつありますが・・・

これでは元も子もないですね。


にほんの地盤沈下・・・もちろん経済ですが、私たちが考える以上に進んでいます。

世界の経済構造の再構成が起こってるわけですね。


個人としてどのように対処すれば良いでしょうか・・・不安だらけの日本です・・

政府に責任転嫁するだけでは収まらない時代になったということですね。


せんごの政治は、好調な企業努力により高度成長し、一方で、社会の不満の捌け口としてのみ政

府が機能し、国民の目をあらぬ方向に向けさせ・・・・


個人で努力できることって何でしょうか?


勉強でしょうか・・・明治の人々も、新しい時代を迎える準備を、命をかけて進めていた・・・坂本竜馬を見るまでもなく・・・

で・・・・私たちは?

きっと新たな政党を選択したのは、これまでの政治の論理が役に立たない時代であることを、人々は直感したからでしょう・・・


新しい勉強・・・・ものを売る力がほしいですね・・・
ほとんどの会社は物を売って、利益を得てますね・・・


あとは、経済の知識ですかね・・・
皆さんがやってる株とかFXと不動産とかですね


私も送ればせながら、勉強をしなければと思います・・・死ぬまで勉強ですか?


役に立ちそうな人、物を見つけましょうか・・・


無料オーディオだそうです・・・まずは無料からでしょうね



バベルの図書館

 美術品、収蔵品を電子化により公開

グーグル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界のカタログ化を勧めているグーグルにとって、聖域はないはず

2次元データでなく、3次元データとして、ネットで見られる日も近いでしょう


創造の蓄積が与える恩恵は

想像する以上に大きいでしょう

今の内しかないかもしれません

地球はいつ終わるかわからないですから

その日までにできるだけ・・・・データを宇宙へ打ち上げましょう

そのデータだけが、地球の痕跡になる日も近いでしょう







男は女よりマニュアルを読まない

男は女よりマニュアルを読まない・・・

この調査結果は

我が家では・・・・正解

マニュアルは、妻が読む

私はマニュアルを決して読まない・・・・・故障の時だけ

オーディオ系の複雑な配線やパソコンのセッティングなど、すべて妻が担当・・・


にしてもこれではいけないので、最近は私がマニュアルを読んでしっかり管理するようになった・・・・


・・・・・・と数年後には言えるようにがんばりたいと思う今日この頃です・・・はい・・・



家電:オーディオステレオコンポ
    ヘッドホン
時計:IWC

ネット社会と現実の社会と子供の未来

 日本の、携帯端末を通じたネット経験では、どのような調査結果が出るでしょうか?

ネットの社会特性とは、危険をもはらんだ、現実以上の速度で動く社会ですね。

その速度こそ、バーチャルな社会の特徴のひとつですね。

広がり方も広範だし、ただ深さは伴わないかも・・・


ここから現実の社会への入り口が見えてくる・・・なんてことも・・

親を介さず社会に連動する・・・・・

親の関与の機会の減少・・雑誌、友達の域を超えて・・・その先は危険と夢と混沌と

ストリートビューに難題・・・

ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」CommentsAdd Star

8月6日10時41分配信 産経新聞

 ネット検索最大手の米Google(グーグル)社が提供しているオンライン地図サービス「Google マップ」日本版に、話題の「Street View(ストリートビュー)」機能が追加された。同社が事前に撮影した東京、大阪、仙台、札幌など12都市について、画面のパノラマ写真を360度回転操作しながら、文字どおり街路を歩いて風景を楽しむ感覚の“仮想散歩”機能である。米国では昨年5月サービスが開始されたが、偶然写り込んだ人物のプライバシーについて問題視された。今回の日本版では、米国に比べ特殊な社会構造を背景に、いわゆる身元調査や警察・選挙運動に悪用される恐れがある。(立川優)
■ラブホテルから芸能人の自宅まで
 ストリートビュー機能の使い方は簡単だ。住所や店舗名などキーワードで地図を検索した場合に表示される「ストリートビュー」ボタンをクリック、青い表示の道路上に登場の人形アイコンを押すだけだ。一般的には、遠く離れた故郷の街並みを楽しんだり、旅行や商談の下準備として見知らぬ街角をチェックする、といった使われ方をされるだろう。
 ただ、ネット掲示板などは、ストリートビューが写し出す風景について「面白い場面」だけを拾い出そう、との書き込みで盛り上がっている。例えば、別れた恋人との思い出の地▽登下校する小学生女児の無邪気な笑顔▽平将門の首らしきものが高層ビル群に浮かぶ様子▽ボヤを起こし、消防に鎮火された直後の店舗−など、ちょっとした話題性のものから、ラブホテルに入る瞬間の男女▽立小便をしている後ろ姿の男性▽交通事故直後の道路上で、警察官から事情聴取を受ける姿−といった深刻な場面まで、数多く見つけ出されている。
 もちろん、これらの「面白い場面」をグーグル社が故意に撮影したわけではない。同社はあくまで、誰もが目にできる公共の風景をネット上に再現しただけ、とのスタンスで、これらの場面も公道を走る専用車から流し撮りした際たまたま写り込んだものという。ただ、プライバシー侵害の批判を避けるため、個人の顔や車のナンバープレートなどに画像ボカシ処理を行い、加えて、不適切と感じたユーザーが直接、改善点などを“通報”できるシステムにしている。
 だが実際には、店先や電柱に貼られたポスターの電話番号がそのままだったり、テラス越しに個人宅の居間が“丸見え”だったりするなど、サービス開始直後とはいえ、無限と呼べる数の画像を今後、個別にどこまで加工できるのか疑問もある。中には、帰宅時に玄関の呼び鈴を押す小学生らしき姿の画像もあったが、逆に言えば、この家の家族構成をグーグル社が暴いたともいえ、児童をめぐる凶悪事件の多発する現代社会では、注意が必要かもしれない。
 すでにネット上には、「大事件の容疑者の自宅住所を求む」「芸能人の家とか、誰か晒(さら)して」といった“恒例の要望”が次々と寄せられている。もちろん、冷静な議論も行われており、「一般人の家なんて誰も興味ない(から実際は安心)」「自意識過剰な奴が随分と多い」といった意外な視点、そして「プライバシー侵害で訴訟の場合、グーグルが悪いのか? それとも見つけてネットに晒した奴が悪いのか?」といった意見まで噴出している。
■身元調査、車庫証明にも?
 注目すべき書き込みに、「ネットオークション相手の家を、実際に確認できて便利だ」というのがあった。この視点が、ストリートビュー日本版のすべてを象徴しているかもしれない。見知らぬ相手の“素性”を知るため、誰もが住所から実態を調べたいだろう、という次第だ。
 実際、米国に比べ“ウサギ小屋”と評される日本では、隣接した道路から家屋の様子について一目瞭然のことが多く、「豪邸か“あばら屋”か」という外観だけでなく、洗濯物や自家用車の有無、グレードなど、個人の生活水準を示す情報が、ストリートビューによって丸裸になってしまう。
 この情報が、就職や不動産購入・賃貸契約の際に悪用されたら、どうなるだろうか。
 実家や保証人の住所からストリートビュー上で“現場確認”したところ、「この
人の実家は、意外とボロだな…」「分譲マンションと言っていたが、賃貸の公営団地のようだな…」などと、本人の知らぬ間に、外見だけで査定されている恐れがある。
 身元調査といえば昨春、「B地区にようこそ!」閉鎖騒動が起きた。いわゆる“被差別部落”と呼ばれる旧同和地区を地名入り写真で紹介したサイトが、部落解放同盟の県支部の告発で削除されたのだが、この件は氷山の一角で、ネット上には今も“地名入り部落リスト”の類が数多く残っている。
 ところが今回のストリートビューは、こういった“騒動”を水面下に押しやる危険性をはらんでいる。従来であれば、まさにグーグルの得意とする文字検索で引っかかるため、上記のように“通報”で消去されることも多いが、ストリートビューの場合、アドレスのコピーの手間だけだ。旧同和地区のアドレスを添付し一言、「ここって、アレ?」との書き込みがすでにあった。特にネット上では、15兆円ともいわれる同和対策事業や部落解放同盟幹部の不祥事について批判的意見が多いことから、“部落アドレス”が蔓延(まんえん)する恐れもある。
 もちろん、差別問題に発展しないまでも、安易な利用も考えられる。例えば警察が車庫証明書類の(念のための)確認用に▽特定政党のアドレスをメール、事実上の選挙運動−など、キリがなさそうだ。
 ストリートビューの対象は現在、都市圏の主要道路だけだが、グーグル側では今後、小さな道路も撮影していく方針というから、プライバシー侵害に関する議論は、ますます高まることだろう。

ストリートビューの問題点・・・

グーグルからリリースされたばかりのストリートビューですが
いろいろと問題点が指摘されてますが・・・
普通には楽しい機能ですが・・・

Yahooニュースより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」CommentsAdd Star

8月6日10時41分配信 産経新聞

 ネット検索最大手の米Google(グーグル)社が提供しているオンライン地図サービス「Google マップ」日本版に、話題の「Street View(ストリートビュー)」機能が追加された。同社が事前に撮影した東京、大阪、仙台、札幌など12都市について、画面のパノラマ写真を360度回転操作しながら、文字どおり街路を歩いて風景を楽しむ感覚の“仮想散歩”機能である。米国では昨年5月サービスが開始されたが、偶然写り込んだ人物のプライバシーについて問題視された。今回の日本版では、米国に比べ特殊な社会構造を背景に、いわゆる身元調査や警察・選挙運動に悪用される恐れがある。(立川優)
■ラブホテルから芸能人の自宅まで
 ストリートビュー機能の使い方は簡単だ。住所や店舗名などキーワードで地図を検索した場合に表示される「ストリートビュー」ボタンをクリック、青い表示の道路上に登場の人形アイコンを押すだけだ。一般的には、遠く離れた故郷の街並みを楽しんだり、旅行や商談の下準備として見知らぬ街角をチェックする、といった使われ方をされるだろう。
 ただ、ネット掲示板などは、ストリートビューが写し出す風景について「面白い場面」だけを拾い出そう、との書き込みで盛り上がっている。例えば、別れた恋人との思い出の地▽登下校する小学生女児の無邪気な笑顔▽平将門の首らしきものが高層ビル群に浮かぶ様子▽ボヤを起こし、消防に鎮火された直後の店舗−など、ちょっとした話題性のものから、ラブホテルに入る瞬間の男女▽立小便をしている後ろ姿の男性▽交通事故直後の道路上で、警察官から事情聴取を受ける姿−といった深刻な場面まで、数多く見つけ出されている。
 もちろん、これらの「面白い場面」をグーグル社が故意に撮影したわけではない。同社はあくまで、誰もが目にできる公共の風景をネット上に再現しただけ、とのスタンスで、これらの場面も公道を走る専用車から流し撮りした際たまたま写り込んだものという。ただ、プライバシー侵害の批判を避けるため、個人の顔や車のナンバープレートなどに画像ボカシ処理を行い、加えて、不適切と感じたユーザーが直接、改善点などを“通報”できるシステムにしている。
 だが実際には、店先や電柱に貼られたポスターの電話番号がそのままだったり、テラス越しに個人宅の居間が“丸見え”だったりするなど、サービス開始直後とはいえ、無限と呼べる数の画像を今後、個別にどこまで加工できるのか疑問もある。中には、帰宅時に玄関の呼び鈴を押す小学生らしき姿の画像もあったが、逆に言えば、この家の家族構成をグーグル社が暴いたともいえ、児童をめぐる凶悪事件の多発する現代社会では、注意が必要かもしれない。
 すでにネット上には、「大事件の容疑者の自宅住所を求む」「芸能人の家とか、誰か晒(さら)して」といった“恒例の要望”が次々と寄せられている。もちろん、冷静な議論も行われており、「一般人の家なんて誰も興味ない(から実際は安心)」「自意識過剰な奴が随分と多い」といった意外な視点、そして「プライバシー侵害で訴訟の場合、グーグルが悪いのか? それとも見つけてネットに晒した奴が悪いのか?」といった意見まで噴出している。
■身元調査、車庫証明にも?
 注目すべき書き込みに、「ネットオークション相手の家を、実際に確認できて便利だ」というのがあった。この視点が、ストリートビュー日本版のすべてを象徴しているかもしれない。見知らぬ相手の“素性”を知るため、誰もが住所から実態を調べたいだろう、という次第だ。
 実際、米国に比べ“ウサギ小屋”と評される日本では、隣接した道路から家屋の様子について一目瞭然のことが多く、「豪邸か“あばら屋”か」という外観だけでなく、洗濯物や自家用車の有無、グレードなど、個人の生活水準を示す情報が、ストリートビューによって丸裸になってしまう。
 この情報が、就職や不動産購入・賃貸契約の際に悪用されたら、どうなるだろうか。
 実家や保証人の住所からストリートビュー上で“現場確認”したところ、「この
人の実家は、意外とボロだな…」「分譲マンションと言っていたが、賃貸の公営団地のようだな…」などと、本人の知らぬ間に、外見だけで査定されている恐れがある。
 身元調査といえば昨春、「B地区にようこそ!」閉鎖騒動が起きた。いわゆる“被差別部落”と呼ばれる旧同和地区を地名入り写真で紹介したサイトが、部落解放同盟の県支部の告発で削除されたのだが、この件は氷山の一角で、ネット上には今も“地名入り部落リスト”の類が数多く残っている。
 ところが今回のストリートビューは、こういった“騒動”を水面下に押しやる危険性をはらんでいる。従来であれば、まさにグーグルの得意とする文字検索で引っかかるため、上記のように“通報”で消去されることも多いが、ストリートビューの場合、アドレスのコピーの手間だけだ。旧同和地区のアドレスを添付し一言、「ここって、アレ?」との書き込みがすでにあった。特にネット上では、15兆円ともいわれる同和対策事業や部落解放同盟幹部の不祥事について批判的意見が多いことから、“部落アドレス”が蔓延(まんえん)する恐れもある。
 もちろん、差別問題に発展しないまでも、安易な利用も考えられる。例えば警察が車庫証明書類の(念のための)確認用に▽特定政党のアドレスをメール、事実上の選挙運動−など、キリがなさそうだ。
 ストリートビューの対象は現在、都市圏の主要道路だけだが、グーグル側では今後、小さな道路も撮影していく方針というから、プライバシー侵害に関する議論は、ますます高まることだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・
とまあ〜様々な問題に
グーグルはどのような考えを持っているか?





ソニーが「VAIO」の意味を再定義・・・生き残れるか?

VAIO・・・C領域狭いです・・・いつも

とこで格安コンピューターが出回り始め
高級なコンピューターの居場所はどこに
MACも安いですし・・・

いらないソフト満載のVAIOより機能・性能の高い
シンプル、高速、格安コンピューターのほうが・・・

クオリアのシリーズはどうなったのでしょうか

ソニーは高級感志向が強いのが欠点といえなくもない・・・かな

いらないものを剥ぎ取る、そんな至高のデザインであって欲しいなあ〜と
誰かが言ってます・・・
                             

楽天市場

解析中

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク