健康、あるいは裏返しの豊かさ

健康、それはとりもなおさず、お金、資本、体の健康、精神の健康、楽しい仕事、ニュースにわくわくする・・
豊かな生活、豊かな時間・・・そんなときをともに過ごせる仲間に向けて・・・

 

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

アマゾンで探す





最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

お墓参りで口論・・・

 お墓参りで口論する・・・

事情が・・・・さまざまな事情が、各家庭にあるわけですから・・・





自分が忙しいときは、知人に頼んでますね・・・

やはり生まれ故郷が遠いと、そう一年に何回もは無理・・・


ただ、墓参りの業者さんではないです・・・

かれは、あいてる時間に行って掃除をしてくれてたんですね・・・家族は知らなかったんですね

黙って・・・人に言わないで掃除、お参りをしてくれてたんですね・・・






ジョン・レノン ビートルズの音楽と法王庁

 この記事そのものが・・・

いまだ衰えぬビートルズの音楽の影響力により、思ってた以上に、ジョン・レノンの言葉の
正しさが証明されつつあることに、法王庁は青ざめるといいですね。

免罪符でも出しかねませんね、この記事によると。

しかし、そこには真に理解してる部分がある。



「今日、レコーディングはとりわけ標準化が進んでステレオタイプ化し、ビートルズの創造性に遠く及ばないものになってしまった」


まさしく・・・・

休養のため欧州訪問中止

彼が救える人々がいる・・・だから指導者であろうとする行動は正しく実行され、中国はやましい心をうずかせる・・・

静かな長い戦いは国家という化け物に対峙して、屹立してる。

インドのはらむ難問

もしインドが今も仏教国だったら・・・といってももう始まらないわけですが・・・
きっともっと静かな国になったような気がします。

経済の勃興が著しいインドですが、こうした底辺の問題をいつもはらむ危険をどの国も忘れることはないでしょう。

どのように乗り越えるか・・・

宗教が政治の仕組みをどのように蝕むか・・

豊富な検証ができそうですね!

エジプトのあるキリスト教徒の苦闘

宗教国家の怖さがどこから来てるか・・・
それは、誰も宗教そのものを疑わなくなってしまっているということ。
すべての基準が宗教から由来すること。
四代カリフ時代に、マホメットの教えからずれたにしても、そのずれた教えを信望すること、まるでマホメットが言ったかのように・・・

日本の国家宗教も同様に危険をはらみ、過去に、戦争に人々を巻き込んでいった歴史を持つ。そしてキリスト教国家としてのアメリカの行動。・・・・

宗教は戦いがお好き?

楽天市場

解析中

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク