健康、あるいは裏返しの豊かさ

健康、それはとりもなおさず、お金、資本、体の健康、精神の健康、楽しい仕事、ニュースにわくわくする・・
豊かな生活、豊かな時間・・・そんなときをともに過ごせる仲間に向けて・・・

 

スポンサードリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

アマゾンで探す





最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

中国の中型空母建造

 中国が中型の空母の建造をかいしするようですね。
シーレーンを守るため。

利以後区の脅威にならない・・・と当局の方はおっしゃってるそうですが、脅威か僧でないかは、こちらが感じること。

ただ中国の軍事費は拡大の一途をたどってますね。

南オセチアで爆発

国家間での争いは、国民の頭の上を越えて、政治家同士で行われている。
政治家は、真に国民の意思を反映してるかというと、しばしば暴走しているような気がします。

国民は置いてけぼりを食って・・・・政治家は、目を血走らせて戦争を鼓舞し、これまた一般庶民出身の兵隊を、死に追いやってるような・・・

いつも、戦争の結末はむなしいものだ。

政治家は長生きする・・・政治家は戦場にはいないのだから・・・

本能の壊れた人間という動物は、かなりお邪魔な存在だ。

脳の暴走が止められない。

武器輸出大国、ウクライナ

武器輸出国・・・ウクライナ

wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A
19世紀より産業の中心地帯として大きく発展。現在は、穀倉地帯(ヨーロッパの穀倉)として有名のみならず、天然資源に恵まれ、資源(鉄鉱石・石炭)立地型の鉄鋼業を中心に重化学工業が発達している。ソ連時代にチェルノブイリ原子力発電所事故もあったが、現代でも原子力発電が盛んである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど・・・という感じがしますね。
テロリストに渡らなければと思います。

武器は依然として、国家安全の信仰の対象なんですね。

サルの惑星で、人類が原爆だか水爆高を信仰してる姿が出てきますね

そういえば、あの主人公をやったチャールトン・ヘストンは
長い間、全米ライフル協会の会長だったと思います。

因縁を感じます。

イスラエル、5月にイラン爆撃を検討

核攻撃が何をもたらすか、このイスラエルの男は何を考えてるのだろうか・・
アメリカはすでに、日本で過ちを行っている。少しはまともになったのだろう。
ただ、当時の日本が異常だったことは、忘れてはならない・・・侵略者だったのだから
戦争は、なにも生まない。

ドイツ空港でKLM機に特殊部隊突入

この残されたメモは誰に向けてかかれる必要があったのか?
テロは必然ではない。彼等に自身に向けて、大いなる正当性、根拠を再度与えるために、自身に向けてかかれたのではないか?

クルアーンに戻る必要性が・・・

ナイジェリア武装勢力、石油産業との「戦争」で戦闘停止を発表

ニジェールデルタの原油発掘以来、格差拡大に伴う、民族間の対立によりビアフラ戦争が起き、完全な解決ができないまま今日に至っている。

ナイジェリアというと、ボビー・オロゴンさんをみんなが知ってますね。
経済の混乱、生活インフラの未整備、失業率の高さなどなど問題はやまずみです。

教育水準も高いが、経済も混沌とし、犯罪も多発してる。
世界の関心と関与が必要でしょう。
またその甲斐がある、未来のある国でしょう。

ニジェール・デルタ


ナイジェリア:ナイジェリア連邦共和国:Federal Republic of Nigeria
首都:アブジャ
人口:1.4億人
公用語:英語

現大統領ヤラドゥア大統領による7つの重点事項

(1)緊急エネルギー対策
(2)生命及び財産に対する安全保障
(3)土地改革
(4)人材育成
(5)子供に対する義務教育
(6)富の創出/貧困削減
(7)交通・インフラ開発
 
 などを掲げ、経済開発に取り組んでいる

イスラマバードのマリオット・ホテルで爆弾による大きな爆発

パキスタンがタリバン化、アルカイダ化したら、世界は、パキスタンを、テロ支援国家として、見捨てるでしょう。かつてのリビアのように。

リビアはその路線に別れを告げることで、世界の評価が高まってる。

テロリズムに、領土を闊歩させることは、なんら領土を失ったことと変わりない。

パキスタンの未来は厳しい。

日本も厳しい。

スイーツスイーツ

パイプラインを破壊

こうした小さな戦争が、やがて、文明の火を消す日が来る・・・ということは、想像に難くない。

石油文明といってよい今、息の根を止める方法のひとつと考えられているようだ。

次世代戦略ミサイルの発射実験を実施

疑心暗鬼は次なる疑心暗鬼を生む。
ICBMの新型・・・久しぶりです。
どのような構想の下、準備されたのでしょう。

アメリカの動きを待ってからのものではないはず。

日本の周辺もきな臭いですね。
国籍不明の潜水艦などなど・・・・・出没してるし〜

スーダンは戦争の国?魅了された3人の欧米人ライダー

一部を見ただけでは判断は難しいですね〜

しかしこうして現場を見るコト

これは大切なことかと思います

戦争と政治上層部どうしの戦いですね

国民にとっていいことはあまりない・・・

とも言えないんですが

報道の難しさもかいま見えますね

楽天市場

解析中

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク