ゴッホの作品はそのオークション落札額で人々を驚かせる。

ロンドンのクリスティーズで落札された作品は、「サンレミの保護院と礼拝堂の風景」。

あまり見かけないというか、自分は見た記憶がない作品ですが、個人所有ということに驚きますね。

教育機関までもつクリスティーズのことだから、この落札額が正当なものであろうことは推察できますね。

それにしてもサザビーズやクリスティーズ(の方が大きいか)では歴史的芸術作品の

オークションも多いですね。

そしていつも巨額ですものね。

私の好きな作家(どうでもいいか・・)フランシス・ベーコンの作品

Study for Innocent X』は

60億円で落札されました・・誰が?

ノヴム・オルガヌムの作者の子孫にあたります。